読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対忘れてはいけない 森友学園問題の背景


国民の注目を集める森友学園問題。
安倍昭恵夫人、松井知事らを初め政治家達の関与はもはや誰の目にも明らかで、今後も徹底的な追求・究明を期待したい。

さて、この森友問題、いろんな問題を含んでおり、個別の問題で道を見失わないようこの事件の問題の本質はどこにあるかを常に意識しておく必要があると思う。
では、本題のこの問題の本質となる背景とは何か。


それを探る前に今の教育現場で何が起こっているかを知っておかねばならない。
「教え子を戦場に送るな」と教師達が戦争に反対してきた戦後教育現場。そんな当たり前の教師の良心はそんなに簡単に実現できることではなかった。戦争の象徴であった日の丸君が代を強制する勢力が平和を求める教師達に常に踏み絵を踏ませてきた。
その流れが最近ではもっと大きな強制力となり平和を訴える教師達に襲いかかる。
維新の会が牛耳る大阪では教師が君が代を声を出して歌っているかを口パクチェックするという異常な事態まで起こっている。
そんな中自民党は、「子ども達を戦場に送るなと主張し、中立性を逸脱した教育を行う先生方がいる」と「教育の中立」を逸脱する教師への処分を強化すべく、ネット上に密告投稿フォームを公開するなどの監視を進め、「教育の中立」を逸脱する教師への処分を強化すべく方針を決定している。
日本の最高法規である憲法に定められた、憲法を尊重し擁護する義務を負う公務員である教師が憲法を護れということすら政治的中立を逸脱するとされる時代となっている。

その一方で、国民を戦争に導いた教育の中心に座り戦後は戦争の教育装置として教育現場から一掃されていた教育勅語を復活させ、中国や韓国を蔑視し、国民を戦争へ巻き込む法案を賛美し、園児に教え込んでいた森友学園へは不当に土地を安く提供し、学校認可への便宜を図る。


中立性を欠いているのはどちらかという話である。そしてこれが森友学園を考える上で、絶対に忘れてはいけない背景。「教え子を戦場に送るな」とまじめに平和について考える教師を政治的中立に欠けると弾圧する一方で、戦前の子ども達を戦場に導いた教育を復活させる教育については優遇する。

これをきちんと押さえていなければ、「土地を安く払い下げたことがこの問題の焦点で、昭恵夫人が100万円を渡したかどうかは本筋から外れた問題だ」として御用解説者の争点そらしにまんまと引っかかってしまう。誰がこの異常な教育者・異常な教育を支えてきたのかを明らかにし、彼らの思惑と闇を明らかにしなければならない。

賄賂や忖度を明らかにすることも大切だが、戦争で人々の大切ないのちを奪われるような未来を迎えるのか、戦争をしない日本を守り抜くのかを将来的に決めていく子ども達にどんなことを教えるのかという問題を忘れてはいけない。
徹底的に安倍政権の進める異常性を明らかにし、政治的中立をやたら強調しながら実は確実に戦争に向かう教育へと偏向している現在の教育を見直す議論としてこの問題をとらえていく必要があると思う。

 

でも今のマスコミにそんなことを期待できるだろうか・・・・・

 

トランプに対する安倍の姿勢 ~ マスメディアに対する違和感

トランプの暴走が止まらない。

イスラム圏7カ国のアメリカ入国禁止大統領令の混乱は世界中に広がっている。
トランプの一連の外国人排除の動きは、世界に差別と憎しみを広げ、人々を分断し平和の妨げとなる決して許されないことであり、徹底的に非難されるべき問題だ。

世界各国の首脳がトランプに対して非難の声を上げる中、安倍首相はこのトランプの動きに対して「入国管理は内政事項」とし「コメントする立場にない」との姿勢を崩していない。

さて、今日の核心部分は、この安倍首相の姿勢に対するマスコミの立場についてである。比較的リベラルとされる新聞やかなり左のメディアでも以下のような論調が多い。

 

・安倍首相はアメリカに気を遣わずきちんと悪いことは悪いと言うべきだ。
・安倍首相はアメリカのいいなり
・安倍首相はアメリカのポチ

 

このような主張に違和感を感じた人はいないだろうか。
その違和感の正体は、はからずしも政府の御用解説者の論調によってその姿を現す。

安倍の太鼓持ち辛坊治郎の今朝の発言を要約するとこうだ。

 

・日本は難民の受け入れに積極的でないのだから安倍首相がトランプを非難できるわけがない。

 

だから安倍首相は悪くない、といいたいのだろうが、実は安倍の真意を読み解くヒントを与えてくれている。

安倍首相がトランプを非難しないのは、アメリカのポチぶりを発揮しているからでも、アメリカに気を遣って言いたいことが言えていないのでもない。
アメリカに気を遣って言えない、という論調を裏返せば、安倍首相はトランプを悪いと思っている、となる。なんと、安倍首相を過大評価したものか!

安倍首相がトランプが大統領になる前に会談したとき、選挙で大々的に排外主義を主張したトランプを「信頼できる人」と絶賛したことを思い出してほしい。
安倍首相はトランプと同じ考え方なのだ。
安倍首相は日本に難民を受け入れたくないし、イスラム圏の人々に来てほしくないのだ。もっというと世界に憎しみと混乱が広がり紛争が起これば、自衛隊を海外に派兵するチャンスが広がると企んでいるのだ。

リベラルなメディアの論調に対する違和感は、このように安倍に深く刻まれた悪魔の正体を覆い隠し小さく見せてしまうことにあった。

安倍やトランプが一国のトップに居座る限り、世界の平和はどんどん遠ざかっていってしまうのである。

 

「慰安婦」問題~日本大使帰国の愚

釜山の日本領事館前に少女像を設置を理由に、今年早々韓国大使が日本に引き揚げて以来まだ復帰していない。

日本のマスコミは、このことに対して日韓合意を破ったとして韓国非難の大合唱だ。
さて、そもそも日韓合意とはなんだったのか。

外務省に日韓合意の内容が記載されている
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001667.html

少女像について韓国側発表にこうある。
「韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。」
とある。
「撤去」とは一言も書いていない。釜山少女像については設置後いったん撤去がされており韓国側は「努力」はしていることは否定できない。

一方日本側の発表にこうある。
慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。」
しかし、安倍総理慰安婦へのお詫びの手紙を「毛頭考えていない」と一蹴したのだ。
さらに、釜山に新たに少女像が再び設置されたことに日本大使を帰国させたことは、”お金を払って慰安婦問題をなかったことにしたい”という札束で慰安婦を侮辱する日本政府の姿勢=お詫びと反省の気持ちがひとかけらもないことを内外に明らかにしたに等しい。日韓合意を破っているのはどっちだという話だ。

その本質を知ってか知らずか、マスコミは意図的に日本政府を応援する報道に明け暮れる。挙げ句の果ては、朝日新聞の記事ねつ造を持ち出し、「慰安婦問題はなかった」とするものまで堂々と電波で口にするヤカラまでいる始末。←辛坊治郎など。

例えるなら、「日本死ね」ブログがおっさんの創作ブログだったことが発覚したとたん、日本に待機児童問題はない、と言い出すようなものだ。(例えですよ、「日本死ね」ブログがおっさんの創作ブログだと言ってるわけじゃないですよ!念のため)

慰安婦問題は存在する。
被害者が望んでいるのは、日本がこの問題を真に反省し二度と戦争を起こさないことだ。
それが今の安倍政権に都合が悪いのだ。なかったことにしたいのだ。

ちなみにこの日韓合意、元慰安婦の方々が望んでいるものではない。

トランプ大統領誕生~日本はアメリカを批判できるか?

アメリカ大統領選でトランプが勝利した。

 

ファイ!アメリカンピーープル!!

おかしいだろ。

あれほど他国の人々をバカにし、品格のない男がアメリカの大統領になるなんて。

 


「ホント、アメリカ人ってバカなの?」・・・って言ってる日本人の方、日本人も人のこといえませんよ。

トランプのようなアメリカ至上主義同様の国粋主義者・・・そう、日本の総理大臣だ!!
美しい国を取り戻す、といいながら日本人が大切にしてきた平和憲法をかなぐり捨て、醜い戦争を引き起こそうとあの手この手。マスコミに圧力を掛け、自分の批判は徹底的に排除するような独裁者。

 

それだけじゃない。
大阪では、君が代の口パクを監視させるような徹底的な国粋主義組織、日本維新の会
沖縄高江の土人発言では、差別発言の機動隊員にねぎらいの言葉まで掛けた松井知事。

 

東京では改憲論者の小池知事。
国民主権憲法を変えようとする人物が都民ファーストってなんの冗談?


マスコミに持ち上げられ、その本性を暴かれないまま、総理や知事が誕生している日本。アメリカのトランプ現象。日本でも同じことが起こっている。

発達した資本主義社会で、民族主義国粋主義が発達すると、その先は戦争。
アメリカでも日本でもその危険な風潮は根っこは同じ。
歴史に学び、その流れを止めなければならない。

沖縄・高江「土人」発言~差別の本質とは

沖縄基地問題

沖縄・高江ヘリパッド建設に反対する沖縄県民に、大阪から派遣された機動隊員が「こらボケ、土人が」と発言した問題。
さらには別の機動隊員が「黙れこらシナ人」と発言した。

ネット上には良識的な反応の一方で、「反対派も機動隊に暴言を吐いている」として、どっちもどっち論が散見される。
その他、「反対派はよそ者が大半」「中国の回し者」などのデマが撒き散らかされている。


ちょっと待って。

そもそも問題はなんなのか、思い出してほしい。

人が住む村の近所に勝手にヘリパッドを建設し、オスプレイをとばす。平穏な生活を奪われる住民が、建設に反対。ヘリパッド建設反対が8割をしめる高江の県民をないがしろにし、しかも本土からも動員した機動隊員を住民の反対運動にぶつけ、暴力でヘリパッドを建設しようとしているということが根本にあるのではないか。

「建設と引き替えに北部の訓練場を返還するのに、そっちの方がお得なのに、反対するってバカなの?」みたいな上から目線で、住民がオスプレイの恐怖にさらされることはお構いなし。住民をさげすみ、基地建設が正義として押しつける。住民の生活?日本全体の利益にくらべてお前らの生活など関係あるか!・・・・・・それが土人発言の差別の本質なのだ。

「土人」が差別語、とか昔は使われていた、とか、そういうはなしではなくて、、発言によって本音が暴露されたこと、これが土人発言差別の本質なのではないだろうか。

世の中へ一石、ブログ開設

初めまして。

 

最近筆無精の自分がブログを開設しようと思ったきっかけ。

 

 それは沖縄高江の土人発言。

動画で見たあの機動隊の人を見下す対応。

 

それだけではない。

大阪松井知事の対応を初め、あの発言を擁護するようなマスコミ報道。

 

他にも憲法原発・沖縄辺野古問題。

この世に理不尽なことが多すぎる。

 

インターネットでの情報の多くは、ネトウヨが暗躍。

まともな意見が少数派のような世の中に一石を投じなければならない。

そんな気持ちから、一念発起してブログを始めてしまった。

 

さて、いつまで続くかわからないが、ぼちぼち、マスコミが伝えないニュースの見方をはじめ、時事問題を中心にお届けするつもりです。